【麻雀講座】スピードを落とさず高い手を作るコツ!手役と効率のバランスについて解説

※動画内の牌姿②ですが、スピード全振りなら鳴きも考慮して9m切った方が良いですね。「受け入れ枚数を最大にする」という意味でこの言葉を使っていたのですが不適切でした。

「手役派」というと常に高い手ばかり狙っているイメージを持たれがちですが、手役派で勝っている人というのは間違いなくバランス感覚に優れています。
最適なバランスを身に着けるのは大変ですが、まずは「比較的近い位置から」スタートするのがオススメです。

Twitterのフォローもぜひお願いします!

動画のリクエストや平澤への質問はこちらからどうぞ

noteでMリーグに対するコラムなどを販売しております。無料の押し引き講座もあります。

【オススメ動画】
初心者はまず何を学ぶべき?

放銃を減らしたい!という人はこちら

複雑な「待ち」が瞬時にわからない、という方はこちら

【牌効率】初心者が暗記すべき重要形