【麻雀】配信スタッフは何が起きたかわかりませんでした

#雀サクッ #Mahjong #麻將 #麻雀 #関西 #大阪 #連盟 #太閤位 #九種九牌 #花岡 #Aリーグ

本編 https://youtu.be/ecYZvoxxj38

第20期太閤位戦Aリーグ 第7節別日対局で起こった1シーン。

親の花岡プロが手牌を倒した時は配信スタッフは何が起こったか
全くわかりませんでした。

日本プロ麻雀連盟Aルールでは
九種九牌、四風子連打、4人リーチ、4カン流れは途中流局となります。
親の花岡プロは流局を選択した場面です。

ちなみに九種九牌の時は ヤオチュウ牌のみ公開し、残りの手牌は花岡プロが
手牌を倒しているようにして宣言するのが正式な手順です。
例えば、9種10牌、11種11牌 という形でも同卓者に公開するのは
【9種9牌だけでよい】ということです。
仮に10牌、11牌倒してもペナルティーはないのですが、8種しかないのに倒牌すると
チョンボとなります。
ただし、今回は配信対局ということもあり、花岡プロは一度伏せた手牌を立てております。

残り3者の配牌も映して
「ここがよかった」等解説に拾ってもらえればよかったのでしょうが、
スタッフが理解できてなかったのでその様な形になりませんでした。

次回配信の際にはその点を注意してお送りできればと考えております。

【関西プロリーグ】

関西プロリーグ

【対局者】
吉本 卓矢プロ
花岡 章生プロ
稲岡 ミカプロ
音羽 なおプロ

【実況】北村 祐二プロ
【解説】樫林 愛子プロ 

※対局選手、実況解説は全員PCR検査を実施して対局をおこなっております。

【統括】横山 毅プロ 関西本部長
【主催】日本プロ麻雀連盟関西本部
【協賛】株式会社鳳凰
【配信】雀サクッTV

※このコンテンツを無断転載、二次加工等は固くお断りいたします