ボランティアスタッフ募集

演出家紹介

宮本 亜門(みやも とあもん)の写真

宮本 亜門(みやも とあもん)

ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎などジャンルを超える演出家として、国内外で活躍する。 04年東洋人初の演出家としてオンブロードウェイにて「太平洋序曲」を上演(トニー賞の4部門でノミネート)。 また13年には欧州初のオペラ演出として、オーストリアにてモーツァルトのオペラ「魔笛」を手がける。14年夏には アジアデビューとなる韓国で「スウィーニートッド」を手がけるなど、初挑戦となる公演も精力的に手がけ、活躍の場を 世界中に広げている。沖縄在住17年。

 

A much demanded director that directs variety of production ranging from musical, Straight play, opera, kabuki in and outside of Japan.

In 2004, Miyamoto became the first Asian ever to direct a Broadway musical, “Pacific Overtures, ” which received four TONY award nominations. In 2005, he directed “Into The Woods” in Tokyo, for which he received a Matsuyo Akimoto Prize of the ASAHI Theatrical Art Prize. Moreover, in 2011 he directed “The Temple of The Golden Pavilion” as an opening production of the Kanagawa Arts Theatre, which was from a novel by Yukio Mishima. This play was invited to Lincoln Center Festival in New York later that year. He continues to expand his horizon internationally as he faces new challenges represented by an opera “DIE ZAUBERFLÖTE (The Magic Flute) ” in Austria as his first opera production in Europe in 2013. Finally in 2014, December he is planning to direct “The Two Gentlemen of Verona” at Nissey Theatre and others.

He has lived in Okinawa for seventeen years.

 

MESSAGE

沖縄発、そして世界へ!
誰も見たことのないノンバーバル・パフォーマンスに挑戦します。
言語を介さないでコミュニケーションし、感動と生きる喜び、世界の調和を願う、
沖縄からのメッセージを「手(てぃ)」を題材に表現します。

手は、守り、包み、愛を伝える反 面、武器にもなります。
赤ちゃんを抱く親の手。乳を吸うこどもの手。頭をなでる手。
握手する手。カチャーシーを踊る喜びの手。そして空手の手。
この素晴らしき手を題材に物語が進みます。

最新鋭な映像・プロジェクションマッピングと心震える音楽、ライブでしか味わえない魂
のダンスとパフォーマンス。
空手、琉舞などのオキナワンテイストを入れ込みながら、言語を越えて、世界に通用する
アジア産のオリジナルステージにします。ご期待ください!